全国に先駆け 痴呆専用老人ホーム 完成
第二小山田特別養護老人ホーム 定員50名

昭和56年

定員50名

1.身体介護を徹底して行う。

2.愛情と忍耐、寛容の心を失わず、保護、支持、受容の態度で接することを原則とする。

3.行動を冷静に観察し、処遇に際しては、個人にあった介護をする。

  試行錯誤の繰り返しの中から科学的なケアを生み出す。

開所に伴い、既設特養で積んだ経験を基に、以下のような方針を決め取り組んだ

施設での処遇方針

開設したばかりのころは、昼夜の別なく、全く予想もしていない出来事がたびたび起きた。ちょうどその頃、当施設を舞台にNHKテレビが敬老週間の特別番組として「二度童子の人々」の放映をした。

2007年こちら