190人
 個別ケアの実践
    

ユニット化
(小単位のグループ分け)

「サテライト小杉」は、母体施設である小山田特別養護老人ホームの分館型の施設です。
要介護状態(寝たきり、認知症等)になっても住み慣れた、馴染みの場所で、安心して暮らし
続けられることを目的とした介護付きの入所者用施設(定員10名)として設置されました。
社会福祉法人青山里会の保健福祉サービスや関連医療機関との連携の下、一人ひとりの
生活をサポートします。

今までは・・
10人
定員を地域へ
今までは・・
・住み慣れた地域で住み続けることが出来る。

・施設の定員を地域に展開することで24時間対応可能な地域拠点とすることが 出来る。

・定員を地域展開した既存の施設の生活環境を改善できる為、とりわけ個別ケア の実践においては居室の個室化、ユニット化の導入が容易となる。
メリット

【小山田特別養護老人ホーム】

青山里会による分館型特養の取り組み(イメージ)
要介護認定者の受け入れ
200人
  お問合せ先
    社会福祉法人 青山里会 TEL  059-328-2177
    小杉介護サービスセンター TEL  059-334-8731

四日市市は、平成17年3月28日、内閣府から「四日市市特別養護老人ホーム地域展開推進特区」(いわゆる福祉特区)の認定を受けました。これは、従来の介護老人福祉施設(特養)が、その定員の一部を団地などの居住地域で特養の分館(=サテライト型居住施設)として整備するものです。この福祉特区認定は国内で先駆的でもあり県内でも初の取り組みです。

平成18年

県内初!サテライト型特養(分館型)
    小杉にオープン!!

個室化

Welcome to seisanrikai homepage