記事制作ポリシー

えんがわの記事制作ポリシー

えんがわは、シニア世代が豊かなセカンドライフを送るために有益となる情報を発信しているWEBメディアです。こちらでは、えんがわのサービスサイトで公開している記事の制作・運営ポリシーを紹介します。

えんがわの4つの約束

1.読者ファーストを徹底します

えんがわは、シニア向けにセカンドライフに関する情報を提供するメディアとして、読者の利益と満足を最優先とします。読者の疑問やニーズに真摯に応え、価値ある情報を提供することで、信頼を築き上げます。

2.信頼性の高い情報を発信し続けます

えんがわは、著作権法を厳格に遵守し、執筆活動をおこないます。また、最新の法律や規制の変更に迅速に対応し、読者に正確かつ信頼性の高い情報を提供します。

3.最新の情報に更新するよう努めます

えんがわの記事コンテンツは、セカンドライフ、葬儀、相続、介護、不動産、娯楽、終活など、ジャンルが多岐にわたります。常に最新の情報をキャッチアップし、記事の内容を定期的に更新することで、読者に有益な情報を提供し続けます。

4.多様性を尊重したコンテンツを制作します

コンテンツ制作の際、特定の方向性や主張を強要することなく、情報を提供することを心がけています。セカンドライフの送り方や終活は、人それぞれの状況やニーズに応じて異なります。そのため、一律の「これがベスト」という指摘は避け、様々な選択肢や考え方を紹介するスタンスをとっています。

えんがわのコンテンツ制作体制

えんがわは、効率的かつ迅速に高品質なコンテンツを提供するために、独自のリモートワークスタイルを採用しています。以下にその主要な特徴とメリットをご紹介します。

限定されたメンバー構成

えんがわの記事コンテンツは、セカンドライフ支援協会に属する計3名のライターによって制作されています。少数精鋭の体制により、迅速な意思決定と柔軟な対応が可能となっています。

リモートワークによる効率化

オンラインツールやデジタル技術を活用することで、地理的な制約を超え、リモートでのコミュニケーションと協力を円滑におこなっています。

効率的なタスク管理

クラウドベースのプロジェクト管理ツールを活用し、タスクの進捗状況をリアルタイムで把握、各メンバーの役割と責任を明確にし、効率的な作業フローを確立しています。

えんがわのコンテンツ制作の流れ

えんがわでは記事コンテンツを制作する際、基本的に以下のステップを踏んでいます。

キーワード選定

キーワードとは、読者が検索窓で検索する単語や文章のことです。セカンドライフの送り方や終活に関する疑問や不安を言語化し、キーワードを選定します。

検索ボリュームが少ないキーワードであっても、実際に需要があると判断される場合は積極的に採用します。これにより、読者の真のニーズに応えることができ、質の高い情報提供を実現します。

構成案の作成

記事の品質を高めるために、以下の点に重点を置いて構成案を作成します。

  • ペルソナ設定

記事のターゲットとなる読者像を具体的に設定し、その人物像に合わせた内容を提供します。

  • ニーズの書き出し 

読者の抱える問題、顕在的なニーズ、潜在的なニーズを明確にし、それらに対する解決策や情報を提供するためのアプローチを計画します。

  • 競合サイトの調査

他のサイトの内容やアプローチを分析し、独自性を保ちつつ競合力を確保します。

  • 記事のゴール設定

記事の主要な目的や目標を設定し、それを達成するための戦略を明確にします。

記事の執筆

構成案に基づき、専門家の知識や情報源を活用して記事を執筆します。読者の疑問や悩みを解決する内容を中心に、わかりやすく、正確に情報を提供します。

監修者チェック

執筆した記事は、以下の観点から監修者による厳格なチェックを受けます。

  • 誤字脱字の確認

記事内の誤字脱字を排除し、読みやすさを確保します。

  • わかりやすさの評価

記事の表現や構成が読者にとってわかりやすいかを評価します。

  • 疑問や悩みの解決

記事が読者の疑問や悩みを適切に解決する内容を持っているかを確認します。

  • 情報の正確性

記事の内容が正確であり、不正確な情報や誤解を招く内容がないかを確認します。

  • 根拠の提示

記事内で述べられている情報や意見に対して、適切な根拠や引用を提示することで、信頼性を確保します。

記事の修正

監修者のフィードバックを受けて、必要に応じて記事の修正をおこないます。誤字脱字の修正や情報の追加・修正をおこない、記事の品質をさらに向上させます。また、読者や専門家からのフィードバックも参考にし、記事の内容や表現を適宜更新します。

入稿・公開

最終的な確認を経て、記事を公開するための入稿作業をおこないます。公開前にSEO対策やメタデータの設定を確認し、最適な形での公開を実現します。記事の公開後も定期的な更新と内容の見直しをおこない、常に最新かつ有益な情報を提供します。

えんがわの法令遵守体制

えんがわは、セカンドライフや終活に関する情報提供を行うメディアとして、法令遵守を最優先に考えております。以下に、我々の法令遵守体制について詳細に説明いたします。

法律の厳密な遵守

えんがわのコンテンツ制作に際しては、著作権法のほか、関連する法律や規制を厳格に遵守します。これにより、読者に正確で信頼性の高い情報を提供することを目指しています。

法改正の迅速な対応

法律や規制が変更された場合、えんがわは迅速にその内容を確認し、必要な修正や更新をおこないます。このような迅速な対応により、常に最新かつ適切な情報を読者に提供することが可能となります。

専門家の意見の参照

該当する法律に関する専門家や専門機関の意見を参照し、記事の内容の正確性を確認します。これにより、法的なリスクを最小限に抑え、読者に安心して情報を利用していただく環境を整えます。

教育と研修の実施

えんがわの運営に関わる全てのスタッフに対して、法令遵守の重要性と具体的な取り組み方についての教育と研修を定期的に実施します。これにより、全員が法令遵守の意識を高め、適切な行動を取ることができるようになります。

ステルスマーケティング規制について

ステルスマーケティングとは、広告や宣伝の形態を伴わずに商品やサービスを宣伝・販売する手法を指します。これは消費者を欺く恐れがあるため、多くの国や地域で規制が設けられています。えんがわとしても、読者の信頼を損なうことなく、公正かつ透明な情報提供を目指すため、ステルスマーケティングに関する規制を厳格に遵守しております。

ステルスマーケティングの回避

えんがわで取り扱う内容やコンテンツにおいて、我々制作チームは隠れた広告や、明確な広告として認識されない形での商品・サービスの推進行為を回避するように努めます。

透明性の確保

コンテンツ内で商品やサービスに言及する際は、その情報が広告であることを明示的に示します。読者が広告としての内容を識別し、適切な判断を下すことができるよう、透明性を確保します。

独立性の維持

ステルスマーケティングのリスクを避けるため、えんがわでは記事の内容や提案が、広告主や特定の業界団体の意向に左右されないように独立した立場を保ちます。これにより、読者に対して偏見のない中立的な情報提供を実現します。

誤解を避けるための明確なコミュニケーション

読者とのコミュニケーションを通じて、ステルスマーケティングの誤解を避け、えんがわの方針や取り組みを明確に伝えます。フィードバックや質問に対しても、迅速かつ誠実に対応し、読者との信頼関係を築きます。

えんがわのコンテンツの種類

えんがわは、セカンドライフや終活に関する情報提供を目的とした記事メディアです。我々が提供するコンテンツは多岐にわたり、読者の様々なニーズに応える内容を取り揃えています。以下に、えんがわで取り扱う主要なコンテンツの種類を紹介します。

セカンドライフ/終活/相続/介護/娯楽/不動産/遺品整理/葬儀

運営団体

セカンドライフ支援協会