【実例付き】セゾンのリースバックの特徴や他社との違いを比較してみた

セゾンのリースバックの評判は良い?どういう人におすすめ?

この記事ではこのような疑問に答えるため、セゾンのリースバックの特徴や口コミ・評判などを解説します。

セゾンと他とのリースバック業者との違いを知りたい方にもおすすめですので、自宅のリースバックを検討している方は参考にしてください。

この記事がおすすめの人
  • セゾンのリースバックでいくらくらいの資金が手に入るか知りたい
  • セゾンのリースバックと他の業者の違いを知りたい
  • セゾンのリースバックの口コミをチェックしたい
目次

セゾンのリースバックとは?

引用:セゾンファンデックス

ここではセゾンのリースバックの特徴、メリットやデメリットを紹介します。

セゾンのリースバックの特徴

セゾンのリースバックの主な特徴は以下の5つです。

  • 住み続けながら資金調達

セゾンのリースバックは、自宅を売却して現金化した後も、毎月賃料を支払うことでそのまま住み続けられます。

  • 安心な住環境

引っ越さずに住み慣れた家に住み続けることができ、マンションの場合は管理費や修繕積立金の支払いも不要となります。

  • 再購入可能

将来的に自宅を再購入することも可能です。

  • 費用負担なし

事務手数料・調査費用・礼金・賃貸借契約の更新料などの費用はすべて0円です。

  • 契約後のサービスが充実している

宿泊施設や飲食店の大幅割引など、契約者限定の付帯サービスが充実しています。

セゾンのリースバックのメリット・デメリット

セゾンのリースバックのメリットとデメリットはそれぞれ以下の通りです。

メリット

セゾンのリースバックの主なメリットは以下の5つです。

  • 住み慣れた家に住み続けられる

自宅を売却しても引っ越す必要がなく、馴染みのある環境で生活を続けられる。

  • 資金調達が可能

家を売却することでまとまった資金を得ることができ、生活費や趣味、旅行などに活用できる。

  • 再購入のオプション

将来的に自宅を再度購入することが可能で、家族が住みたい場合にも対応できる。

  • 維持費の削減

マンションの場合、管理費や修繕積立金の支払いが不要になるため、経済的な負担が軽減される。

  • 手数料などが無料

事務手数料などの費用がかからず、特典も無料で提供されるため、初期費用の負担が少ない。

デメリット

セゾンのリースバックの主なデメリットは以下の4つです。

  • 家の所有権がなくなる

家を売却するため、所有権を失い、いち賃借人になる。

  • 毎月の賃料負担

住み続けるために毎月賃料を支払う必要があり、固定費が発生する。

  • 再購入できる保証はない

再購入できる可能性はあるが、将来的に同じ条件で購入できる保証はない。

  • 精神的な負担

家を売却すること自体が精神的な負担となる場合があり、所有者としての誇りや安心感を失う。

セゾンのリースバックはどれくらいの相場?実例を紹介

セゾンのリースバックをすると、どれくらいの資金を手にいれることができるのか、公式サイトの内容を基に実例を紹介します。

リースバックによる売却益やその後の賃料の相場を知りたい方は参考にしてください。

実例①老後資金を手に入れた

戸建ての住宅ローン返済が月17万円あり、残高が2,300万円だが、毎月の支払いを軽くしたいと思い、2,500万円でセゾンに売却した実例が以下の通りです。

リースバック利用前
  • 住宅ローン残高 2,300万円
  • 手元資金 0円
  • 毎月の支払い

┗住宅ローン返済 17万円

┗固定資産税 1.2万円

┗火災保険 0.4万円

合計18.6万円

リースバック利用後
  • 住宅ローン残高 0円
  • 手元資金 200万円
  • 毎月の支払い

┗家賃 13万円

┗固定資産税 0円

┗火災保険 0円

合計13万円

こちらのケースでは、月の支払いが5.6万円軽減し、手元資金が200万円が使えるようになりました。

実例②住宅ローンを完済できた

銀行の借入金が3,500万円あり、月50万円返済している中、事務所兼自宅を売却し、資金繰りを改善するために4,000万円でセゾンに売却した実例が以下の通りです。

リースバック利用前
  • 銀行借入残高 3,500万円
  • 手元資金 0円
  • 毎月の支払い

┗銀行借入返済 50万円

┗固定資産税 1.8万円

┗火災保険 0.5万円

合計22万円

リースバック利用後
  • 銀行借入残高 0円
  • 手元資金 500万円
  • 毎月の支払い

┗家賃 22万円

┗固定資産税 0円

┗火災保険 0円

合計13万円

こちらのケースでは月の支払い30.3万円軽減し、手元資金500万円が使えるようになりました。

実例③相続対策

相続対策の実績に関しては具体的な金額が公式サイトに掲載されていなかったため、概要のみ紹介します。

80代のお客様には、独立して家庭を持つ3人の子どもがいました。相続できる資産は、現在住んでいる都内の築50年の一戸建てのみです。

年金だけでは生活費が足りず、貯金も減り続けており、亡くなる時にはほとんど残らないことが予想されていました。そのため、子どもたちが相続する空き家の処分で揉めるであろうことを懸念していたのです。

そこで、リースバックを利用して、自分の意思で元気なうちに自宅を売却しました。不動産を現金化することで、生活費の心配が解消され、貯金が減り続ける不安もなくなったそうです。

さらに、相続財産が現金のみとなったので、空き家の処分で子どもたちに迷惑をかける心配もいりません。3人の子どもたちで公平に分けられるようになりました。

これにより、お客様は安心して老後を過ごせるとともに、子どもたちの間での相続トラブルも防ぐことができたそうです。

\無料査定・最短2週間で契約可能/

セゾンのリースバックの評判は?良い口コミ悪い口コミ

セゾンのリースバックの評判はどうなのか、良い口コミと悪い口コミを調査したので紹介します。

良い口コミ

セゾンの公式サイトでは以下のような良い口コミを確認できました。

良い口コミ①

「長年自宅併設の店舗で自営業を営んでいたが、夫婦とも高齢となり身体も思うようには動かなくなったため、数年前にお店を畳んだ。自営業だったため国民年金だけで日々の生活費が足りないこともあった。

家を売ることを検討したが、高齢者が入居できるアパートは見つからず。子供には迷惑をかけたくないので、自分たちでなんとかしたいと思った。

売却代金はすぐに振り込まれたため、老後の生活費の目途がたち、心から安心できた。

今後の生活にも希望が感じられるようになり、 今までの不安な生活が嘘のように平穏な生活を送ることができている」

良い口コミ②

「創業して50年余り、業界の市況や下請けに対する価格交渉が厳しくなり、ここ数年売上が減少していた。

長年取引のあった銀行に追加融資を断られ資金操りに行き詰まり、ローンをはじめ必要経費の支払いなどが停滞してしまった。事業を畳まざるをえない状況一歩手前に。

そこでリースバックを検討。自宅は駅や広い公園にも近く住環境の良い都内でも人気の住宅地。しっかり査定してもらえて思っていたよりも高く売却できた。

銀行にも期日までに返済ができ、わずかながら運転資金も手もとに残った。借入れが整理でき身軽に。仕切り直し、会社の業績を回復させていきたい」

良い口コミ③

「老いた母親と同居中。母親が元気だった頃は家事一切をこなしてくれ、自分の仕事に専念ができていたが、母が寝たきりとなったことで仕事を退職し介護に専念。

収入は母親の年金頼りで次第に生活が困窮。生活費も確保でき、住み慣れた家で安心して親の介護ができるようになった。親の面倒を見るという子どもとしての務めを果たすことができ満足。将来的には自分が買主となり、再度購入することも検討している」

\無料査定・最短2週間で契約可能/

悪い口コミ

今回の調査では、セゾンのリースバックに関する悪い口コミは確認できませんでした。大手企業のサービスということもあり、質の高いサービスが提供されていることが窺えます。

セゾンのリースバックが向いている人は?

セゾンと他のリースバック会社の違いがわからない!どういう人に向いているの?

という疑問に答えるため、ここではセゾンのリースバックが向いている人の特徴セゾンの強みを紹介します。

大手のリースバック会社に依頼したい

セゾンのリースバックは、信頼できる大手のリースバック会社に依頼したい方に向いています。セゾンは長年の実績があり、多くの利用者から高い評価を得ています。

また、大手企業でありながらスピード感のある対応が可能である点もポイントです。最短即日の見積もり、最短2週間での契約が可能となっています。

セゾンのリースバックでは随時無料査定を受け付けていますので、詳しくは以下のボタンから公式サイトをご確認ください。

契約者限定の付帯サービスを使いたい

セゾンのリースバックを契約した方には、契約者限定のさまざまな付帯サービスが用意されています。

ここでは、公式サイトで紹介されている付帯サービスや特典を紹介します。

セゾンのリースバックClubOff

引用:セゾンファンデックス

セゾンのリースバックClubOffは、契約者限定の優待サービスで、国内外20万件以上の施設でお得に利用できます。

リゾート:国内約20,000件のホテル・旅館が最大80%OFF

グルメ:約40,000件の飲食店が最大50%OFF

レジャー:約1,000件以上のテーマパークが最大65%OFF

日帰り湯:全国1,000ヵ所の日帰り湯が最大60%OFF

暮らし:家事や健康など生活に役立つメニューが会員優待価格

エンタメ:映画やカラオケなどが会員優待価格

セゾンの駆けつけサービス

引用:セゾンファンデックス

セゾンの駆けつけサービスは、住まいの困りごとをサポートするサービスです。24時間受付し、1次対応時の調査・点検は無料で対応してもらえます。

玄関鍵のトラブル:解錠作業、鍵折れ、異物詰まり抜きなど

水まわりのトラブル:お湯が出ない、排水詰まり抜き、水漏れなど

給湯器のトラブル:お湯が出ない、給排水管からの水漏れなど

窓ガラスのトラブル:ガラスの割替え、ひび割れなど

電気設備のトラブル:屋内の電気設備のトラブル

お客様負担0円の選べる4つの特典

セゾンのリースバックを契約した方は、以下の4つのサービスの中から1つを無料で利用できます。

  • 特典①「セコムのホームセキュリティ」

緊急通報ボタン「マイドクター」:高齢の方が急に発熱したりケガをしたりした場合、ペンダント型の「マイドクター」を握るだけで、セコムに救急信号が送信されます。

「安否見守り」センサー:トイレなど必ず通る場所にセンサーを設置し、一定時間動きがない場合は急病で動けなくなったと判断し、セコムに異常信号が送られます。セコムが確認を行います。

玄関防犯センサー:玄関に取り付けたセンサーが泥棒などの侵入を感知します。外出時だけでなく、就寝中など在宅時も警戒が可能で、異常が発生した場合にはセコムが駆けつけます。

火災センサー:火災センサーが火災を感知すると、セコムが駆けつけ、必要に応じて119番通報を行います。就寝中の火災でもブザーが鳴り、家族に知らせます。

  • 特典②「HOME ALSOK みまもりサポート」

かんたん操作のコントローラー:緊急ボタンを押すとALSOKが迅速に駆けつけてくれたり、持病や医師の情報を救急隊に伝えることができたり、ALSOKヘルスケアセンターに24時間いつでも健康相談ができます。

ライフリズム監視:トイレのドアにセンサーを設置し、一定時間ドアが開閉されない場合は異常と判断してガードマンが駆け付けます。

火災監視:キッチンや天井に設置されたセンサーで熱や煙を感知します。

  • 特典③「くらしのセゾン ハウスクリーニング」

キッチンおまかせパック:キッチンとレンジフード(換気扇)を清掃します。

水まわり3点パック:浴室、洗面所、トイレの水まわりをまとめてきれいにします。

エアコンコース:壁掛け型エアコン(ノーマルタイプ)を最大3台までクリーニングします。

  • 特典④「ホームネットのハローライト」

簡単な安否確認ができる見守り機能付きのLED電球です。WiFi工事やコンセントなどは一切不要です。

礼金・賃貸借契約の更新料などは無料がいい

セゾンのリースバックは、事務手数料・調査費用・礼金・賃貸借契約の更新料などの費用が無料であることが魅力の一つです。

これにより、経済的な負担を軽減でき、長期的な資金計画を立てやすくなります。特に、老後の資金計画を立てる際は、こうした費用がかからないことが大きなメリットとなります。経済的な負担を抑えつつ、安心して住み続けたい方には、セゾンのリースバックがぴったりです。

\無料査定・最短2週間で契約可能/

最後にリースバック業者の選び方のポイントを解説!

とはいえ、セゾン以外のリースバック業者も比較したい!

という方は、ぜひリースバック業者の選び方のポイントを押さえておきましょう。ここではリースバック業者の選び方のポイントを3つ紹介します。

複数見積もりをして売却の相場を見積もる

リースバック業者を選ぶ際は、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。これにより、売却価格の相場を把握しつつ、有利な条件で契約を進められます。

なお、複数の業者に見積もりを依頼する際、査定額が高過ぎた業者や低過ぎた業者は極力避けることをおすすめします。

普通賃貸借契約のあるリースバック会社を選ぶ

リースバック契約をするときは、「普通賃貸借契約」を結んでくれる業者を選ぶことがポイントです。

普通賃貸借契約とは、一般的な賃貸契約で用いられる契約で、借り手が契約の更新を続ける限り住み続けることができる契約形態です。この契約形態なら、契約期間が長く設定されているため、安心して住み続けられます。

「定期借家契約」の場合は、期間満了とともに退去しなければならないので注意が必要です

真摯に対応してくれる担当者のいる業者に依頼する

リースバック業者を選ぶ際は、不安や疑問に対して真摯に対応してくれる担当者がいる業者を選びましょう。

実際に担当者とやり取りをしてみて、メールの返信スピードや、細かな言葉遣い、電話の受け答えなどから、コミュニケーション能力を確認してください。口コミサイトに投稿がある場合は、事前にそちらをチェックすることも重要です。

まとめ

リースバック業者は不動産業界の中では少々特殊なジャンルです。サービスを提供している業者はそれほど多くなく、対応エリアも業者によって制限があることもあるので、選択肢はそれほど多くないでしょう。

「大手の方が安心する」「契約者限定の付帯サービスや特典が魅力的」と感じる方は、ぜひセゾンのリースバックを検討してみてください。

♦︎本ページには広告[PR]が含まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旅とグルメを愛するアラサー女子。2021年から相続関連のWEBメディアを運営し、シニア層の深刻な悩みを目の当たりに。より多くの課題解決をしたいと思い、セカンドライフ応援協会を発足。シニア向けのWEBメディア「えんがわ」を運営中。

目次