年金だけでの生活が厳しい時の3つの解決方法|持ち家は売ってしまおう

年金 生活 持ち家

うちは持ち家だしローンも完済したから!
年金だけでも生活できると思っていたんだけど・・・

このように、定年退職してからの生活が思ったより苦しくて、ゆとりがないと感じていませんか?

この記事では、現実的に年金だけで生活はできるのかといった疑問や今後、20年以上生きるための資金を増やす方法について紹介していきます。

この記事がおすすめの人
  • 年金だけで毎日カツカツな生活をしている人
  • 定年後の生活が思ったより厳しい人
  • 経済的なゆとりを持ちたい人

退職後、毎日を暮らしていくだけでも。経済的な余裕がないといった方の少しでもお役に立てれば幸いです。

目次

年金だけで生活は可能?

現実問題、年金だけで生活はできるの?ここがまず気になりますよね。もうすぐ年金暮らしが始まる方などは、かなり気になるところでしょう。

以下では、年金受給額の平均相場を用いて、日々の暮らしにかかる生活費を照らし合わせて解説していきます。ぜひ、今後のためにシミュレーションしてみてください。

年金だけでの生活は現実的に厳しい

年金がもらえるといっても、どれだけもらえるのが相場なのか、初めにこちらを紹介していきます。

2024年1月に厚労省が発表した平均年金額は、

老齢基礎年金老齢厚生年金
約68,000円約144,000円

となっています。

厚生年金の個々によって差が出ますが、平均の年金を合計しても20万円前後です。

SBIグループのSBIエステートファイナンスがおこなった調査の結果においては、年金で生活費がプラスになると解凍している方は、全体の20%にも及びませんでした。

約4割の方が生活に不安を感じていると回答しており、年金だけで暮らしていくのは厳しいと感じている人が多いのが実情です。

年金だけでの生活は少し不安
貯金を切り崩しているけど、いつまでもつか・・。

1ヶ月間でかかる生活費の支出の相場

では、年金の受給額についてわかったところで、次に定年後1ヶ月にかかってくる生活費について見ていきましょう。

※1 現住居、現住居以外の住宅及び宅地に関するもの並びにこれらに伴うサービスに対する費用も含む
※2 入院費などの費用も含む
※出典:総務省統計局「家計調査報告(家計収支編)2022年(令和4年)平均結果の概要

相場でも約14万円の出費となっており、20万円年金をもらっているとしても、1ヶ月暮らすのにギリギリの金額といえるでしょう。

年金の他にも、退職金や貯金を切り崩しながら生活していくといった方がほとんどですが、旅行に行ったり、外食をしたりする余裕はなく、ただ日々の暮らしをしていくだけになる可能性も少なくないです。

定年退職後は、働いている頃にできなかったことを存分に楽しんで、余暇を過ごすと考えていた方も多いです。

しかし、現実問題そこまでのゆとりがなく、やりたかったことをやれてないといった方も多いのです。

年金だけの暮らしで生活費が厳しい|貯金を増やすには

では、ここからは前述で解説してきた生活費の悩みについて解説していきます。

年金生活では予想以上に生活費が厳しく感じることも多いです。そんな中で、貯金を増やす方法として効果的なのが、以下の3つの方法です。

  • 現在の貯金を投資に回す
  • 持ち家や車を売却する
  • 持ち家をリースバックする

この3つの方法は、リスクをしっかり管理しつつ、資産を増やすことができます。貯金を増やす方法にはいくつかの選択肢がありますが、将来の生活計画に合わせた方法を選ぶこと大切です。

現在の貯金を投資に回す

年金だけでは生活が厳しいと感じる場合、手持ちの貯金を投資に回して収益を得ることは有効な策です。ただし、投資はリスクを伴うため、始める前に十分な計画と準備が必要です。まず、投資の目的を明確に設定し、それに基づいてどの程度のリスクを取るかを決定します

たとえば、低リスク・低リターンの債券や定期預金から、やや高リスク・高リターンの株式、さらにリスクを取りたい方向けに不動産投資などが選択肢にあります。初心者には、特に分散投資を推奨します。これは、異なる種類の資産に投資することでリスクを分散させ、一つの投資が悪くても他でカバーできるようにする戦略です。

具体的には、低コストのインデックスファンドや、リスク分散が図られた投資信託を選ぶのが良いでしょう。また、ロボアドバイザーを利用することで、自動で資産配分を調整し、継続的に投資を行うことも可能です。

投資を始める前には、自分の財務状況を再評価し、緊急時の資金として必要な現金を確保しておくことが重要です。また、投資に関する知識を身につけ、自分にとって最適な投資方法を選ぶためにも、金融教育やセミナーへの参加を考えましょう。

貯金を投資に回すことは、資産を増やすための一つの手段ですが、その過程で得られる収益は将来の生活資金に大きく寄与します。投資は慎重に、しかし積極的に行うことで、年金だけでは不十分な生活費を補い、安心して暮らすための資金を確保することができます。

持ち家や車を売却する

年金生活において財政的な余裕を持つ一つの方法として、持ち家や車の売却が考えられます。特に、生活圏が変わらない、または縮小する場合、これらの資産を現金化することで、必要とする生活資金を確保することが可能です。

持ち家を売却する場合、市場の動向を把握した上で、不動産会社と相談し、家の価値を最大化できるタイミングで売り出すことが重要です。また、車も同様に、使用頻度や維持費を考慮し、売却によって得られる利益が年間の維持費を上回る場合は売却を検討すると良いでしょう。

売却にあたっては、次の住まいとして賃貸物件を選ぶ場合、ランニングコストの低下が見込める他、生活スタイルに合わせて適切な物件選びが可能となります。

自分の持ち家に合った売却方法はわからないから
いえカツLIFEで一度相談してみようかしら

車売却の場合は、公共交通の利用やカーリースなどの利用が便利な地域に移ることで、移動の自由度は保ちつつコストを削減できます。いずれの場合も、売却することで得られる一時的な大金を適切に管理し、長期的な生活資金に充てる計画を立てることが望ましいです。

\60秒でカンタン入力/

持ち家をリースバックする

自宅をリースバックするという選択肢も、年金生活の財政支援として有効です。

リースバックとは

自宅を売却しつつ、そのまま今の家に住み続けられるように、売却先と賃貸契約を結ぶ方法です。この方法で、自宅の資産価値を現金化し、生活資金に変えつつ、住み慣れた家を保持することが可能となります。

リースバックの最大の利点は、大きな資金を手に入れながらも引っ越しの必要がなく、生活の基盤を変えずに済む点です。特に高齢になってからの大規模な引っ越しは、身体的・精神的な負担が大きいため、この方法は安心して選べる選択肢の一つと言えます。

また、リースバック契約を結ぶ際は、月々の賃料、契約期間、将来的に物件を再購入するオプションの有無など、細かな条件を事前に確認し、自身の生活設計に合った契約内容を選ぶことが大切です。

今の家に住み続けられて、貯金も増えるのは嬉しい♪

ただし、リースバック契約は、信頼できる企業を選ぶことが必須です。契約条件の不明瞭さや、将来的な家賃の増加、物件の維持管理の問題など、後々のトラブルを避けるためにも、事業者の選定には慎重にすべきです。適切なアドバイスを提供してくれる専門の不動産アドバイザーや法律家と相談しながら進めることをおすすめします。

  • 実績のあるリースバック会社
  • お客様ファーストで売却以外の相談もできる
  • リースバック後の家賃設定も柔軟に対応
買取実施中!

年金だけの生活で不安なら持ち家のリースバックがおすすめ

年金生活の不安を和らげる一つとして挙げましたが、最短で多額の現金を増やすにはリースバックがおすすめです。

自宅を売却してそのまま住み続けることができ、売却から得られる一時金で貯金を増やすことが可能です。リースバックは、特に資産を現金化したいが住み慣れた家を離れたくない高齢者にとって、有効な選択肢となり得ます。

まとまった資金が入り貯金が増える

リースバックのシステムを利用することで、自宅を市場価値で売却し、その資金を一時的に手に入れることができます。この方法は、特に資金が必要ながらも、移住や生活環境を大きく変えたくないと考えている人々にとって理想的です。自宅売却によって得られる金額は、物件の価値や地域市場によって変動しますが、通常、数百万円から数千万円の範囲で、これにより大きな貯金が可能となります。

売却した金額からリースバック契約に必要な賃料を差し引いても、十分な貯蓄が残ります。この資金をどのように管理するかが重要であり、将来の生活資金として計画的に使用することが推奨されます。また、得られた資金を利用して投資を行うことも一つの手段として考えられます。例えば、低リスクの投資信託や定期預金により、安定した収益を得ることが可能です。

さらに、リースバックを利用することで、老後の医療費や介護費用など、予期しない大きな出費に対しても備えることができます。この一時金は、年金だけではカバーしきれない各種費用の支払いに役立つため、経済的な安心感を得られるのです。

リースバックは、すぐに現金が必要だけど、住み慣れた環境を壊したくない方にとって、有効な策です。このシステムを活用することで、生活の質を落とすことなく、財政的な余裕を持つことが可能になります。

新しく審査を受ける必要がない

リースバックシステムのもう一つの利点は、新たに住宅ローンや賃貸契約の審査を受ける必要がないことです。一般的に高齢になると、一定の収入がなくなるため、住宅ローンや賃貸の審査が厳しくなり、新たにローンを組むことが困難になることがあります。

しかし、リースバックの場合、既に所有している自宅を売却するだけなので、新規のローン申請やその審査を通過する必要がありません。特に固定収入に依存する年金受給者にとって、大きな負担となる賃貸の再審査を避けることができるため、安心して利用することができます。

売却代金はリースバック会社から提供され、その後、元の住宅で賃貸契約を締結する形になります。このため、資金繰りに関する心配を減らし、月々の生活費に余裕を持たせることが可能です。

さらに、リースバック契約では、通常の賃貸契約と同様に、賃料の支払い以外に大きな費用がかかることはありません。通常の賃貸と異なり、敷金や礼金が必要ないケースも多く、初期費用を抑えられるのも大きな魅力です。これにより、売却した資金を生活費や他の必要な支出に充てることができ、金銭的な自由度が増します。

リースバックで高額売却するならリアルエステート一択!

リアルエステートは、リースバック会社の中でも、高額買取の実績が多数あり人気の会社です。リアルエステートは、

再建築不可物件
市街化調整区域
築年数が古く売却査定を断られた物件

などの、一般的に売却がむずかしいとされている物件でも買取が可能で、この家は売れないだろう・・と悩んでいる方も、まずは下記から相談をしてみましょう。

他社で断られてしまった物件でも、買取可能にあなるケースも多いので、一度相談してみてくださいね。

実際に生活にゆとりができた

といった声や

お金の心配もなくなって、シニアライフを楽しめている

といった声も挙がっています。

現在の年金受給の金額だけでは、生活は厳しいといった悩みを抱えた方は実績のある、リアルエステートに依頼を検討してみて下さい。

\ 断られてしまった物件でも積極的に買取中♪ /

♦︎本ページには広告[PR]が含まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旅とグルメを愛するアラサー女子。2021年から相続関連のWEBメディアを運営し、シニア層の深刻な悩みを目の当たりに。より多くの課題解決をしたいと思い、セカンドライフ支援協会を発足。シニア向けのWEBメディア「えんがわ」を運営中。

目次