おすすめの葬儀社3選|優良な業者の選び方も紹介

通常、故人のご逝去から葬儀の実施までの期間はわずか4~5日と短く、迅速な葬儀社選びが求められます。ただでさえ精神的に不安定になりやすい状況で、短期間で優良な葬儀社を選ぶことは容易ではありません。

そこで、こちらの記事では当メディアが独自に調査をおこない、信頼できると判断したおすすめの葬儀社3選を紹介します。また、予期せぬ高額な請求やトラブルを防ぐために、葬儀社の選び方のコツも解説するので参考にしてください。

この記事がおすすめの人
  • 葬儀をする予定があるご遺族の方
  • 費用が安い葬儀社を探している方
  • 葬儀社の選び方のコツを知りたい方
目次

おすすめの葬儀社3選

ご遺族にとって葬儀社選びは、故人を偲び、感謝を表す重要な機会です。ここでは、おすすめの葬儀社を3社紹介し、それぞれの特徴や利用者の口コミ評価を解説します。

⑴心に残る家族葬

心に残る家族葬のHPより引用
  • 葬儀形式

心に残るシンプル葬(面会や立ち会いを省略した火葬式)※要資料請求
心に残る直葬(面会・立ち会いつきの火葬式/全額返金保証制度つき)
心に残る直葬(納棺やお花入れなどの儀式/通夜・告別式はなし)
心に残る一日葬(通夜なしの告別式のみ・1日で執り行う)
心に残る家族葬(通夜と告別式を2日間に分けて執り行う・斎場を利用)
心に残る家族葬(通夜と告別式を2日間に分けて執り行う・斎場を利用・食事と返礼品つき)
心に残るお葬式(心に残る家族葬で生花祭壇をグレードアップしたプラン)
心に残る自宅葬(自宅で通夜・告別式・式中初七日を執り行う)

  • 対応エリア

全国で3,500ヶ所以上に対応

  • サービスの特徴

お得なプラン
全国平均よりも格段にやすい葬儀プランを複数揃えています。ご遺体の搬送、斎場代、火葬料など、一般的に別途料金となるサービスや物品をすべて含んだ料金となっているため、後々料金が増える心配もありません。

地域密着である強み
全国に提携葬儀社があるため、地域特有の葬儀慣習を理解したスタッフの方が、丁寧に対応してくれます。

追加料金が不要
提示されているプラン料金は、必要な要素をすべて含んだ上での金額ですので、お客様自身で追加サービスを依頼しない限り、追加料金が発生することはありません。

業界初の全額返金保証

近年、請求額が当初の見積額を上回る問題が葬儀業界で多発していることを受け、直葬に限り、業界初の全額返金保証を設けています。

  • 利用者の口コミ評価

★★★★★ 5
初めての事だったんですが、親切に対応していただきかなり助かりました。このように何から何まで対処の仕方を教えてもらえると不安なく、葬儀が無事終わるので助かると思います

引用:いい葬儀

★★★★ 4.5
とても感じが良くて思った通りのお見送りがしてあげられて感謝しかありません 対応も早くなんでも相談できました ありがとうございました。何度か利用していて綺麗だし広いしゆっくり休めるスペースもあり他の方達ともあまり顔を合わさないですむしいいと思う。

引用:いい葬儀

★★★★ 4
今回は弟が亡くなった為こちらの葬儀社を利用しました。 インターネットで複数の葬儀会社を見たところ金額の差がかなりありましたので、料金のことなどの不安はありましたが、丁寧にご説明いただき明瞭会計で安心でした。建物も綺麗で新しかったので満足でした。 私は車だったので問題ないですが、電車やバスだと少し行きづらい場所かなと思いました。

引用:いい葬儀

心に残る家族葬がおすすめの人
  • できるだけ費用を抑えたい
  • 請求額や内訳に関して透明性が高い葬儀社がいい
  • 返金保証があればなお良い

⑵感謝のお葬式

  • 葬儀形式

ばら色葬、家族葬、一般葬、一日葬、シンプル葬、火葬式、お花式

  • 対応エリア

東京都全域、埼玉県さいたま市

  • サービスの特徴

ゆかりのある花で葬儀を飾る
「感謝のお葬式」では、故人との思い出やゆかりのある花を用いて葬儀を飾り立てることが可能です。故人の誕生花や好きだった花を祭壇に取り入れることで、故人への感謝と想いを形にしてお見送りができます。

ベテランのスタッフが多い
30年以上の経験を持つベテランスタッフが数多く在籍し
ています。葬儀の準備から手続きまで、細部にわたり丁寧にサポートしてくれるので、安心して故人を心から偲べるでしょう。

東京都内は全域で対応可能
感謝のお葬式は、東京都内の様々な地域にある葬儀場と提携しています。そのため、故人やご遺族の希望に合わせて最適な葬儀場を選ぶことが可能です。また、東京都全域のみならず、埼玉県さいたま市においてもサービスを提供しています。

感謝のお葬式がおすすめの人
  • ささやかな華やかさを式に添えたい
  • ベテランスタッフに対応してもらいたい
  • 葬儀場の選択肢が多い方がいい

⑶小さなお葬式

  • 葬儀形式

一日葬、家族葬、一般葬、お別れ葬、火葬式

  • 対応エリア

日本全国

  • サービスの特徴

低価格なプランが多数
小さなお葬式は、小規模な葬儀に特化し、必要なものだけを厳選した低価格プランを多数提供しています。家族葬、一日葬、火葬式など、様々なニーズに対応したセットプランが用意されており、馴染みのない方でも迷わずに葬儀をおこなうことが可能です。

業界一位の葬儀実績を誇る
累計の葬儀実績は44万件以上と、業界で一位の実績を持っており、顧客満足度も96%と高いです。

全国の4,000以上の式場と提携
日本全国に4,000以上の提携式場を持ち、利用者は予算や希望に合わせて最適な式場を選択できます。

  • 口コミ評価

★★★★★5
私が調べたかぎりでは、一番リーズナブルな葬儀社でした。そして、安かろう悪かろうではなく本当に大満足な良い葬儀ができました。なので、母が他界したときも父が他界した時も『小さなお葬式』で葬儀をあげました。おすすめです。どこよりも本当にリーズナブルで満足のいく葬儀があげられますよ‼️

引用:Google

★★★★★5
夜間でも丁寧に対応して頂いたり、極力損が出ないように説明や対応して頂き、当日までに何かあれば遠方でも動いて頂いたりと感謝しかでない葬儀社様にご対応いただきました。予定どおりの予算で済むことができ本当に感謝しかありません。大変お世話になりました。

引用:Google

★★★★ 4
紹介されたのは大阪祭典。初めて利用させていただきましたが、会館の設備も良く対応も親切で感心しました。これまでの身内の葬儀は町会役員の紹介で地元の葬儀社を利用して自宅で行っていましたが、このコロナの時代には会館利用の家族葬が最適でどなたにもお勧めできると思います。

引用:Google

小さなお葬式がおすすめの人
  • 実績が豊富な葬儀社に頼みたい
  • 規模の大きな葬儀は考えていない
  • あまり葬儀に費用をかけられない

優良な葬儀社の選び方

こちらでは、信頼できる担当者の存在、希望するエリアや宗教・宗派への対応力、葬儀後のサポートなど、優良な葬儀社の選び方のコツを6つ紹介します。

⑴サポートは充実しているか

優良な葬儀社は、初めての葬儀準備で不安を抱えるご遺族のために、事前の相談、葬儀の計画・実施、そして葬儀後のフォローまで、故人の意志や遺族の希望に沿った葬儀を提案してくれます。

また、葬儀の進行中も専任のスタッフが常に寄り添い、予期せぬ事態が発生した場合にも迅速に対応してくれるでしょう。

なお、サポートの質を判断するには、事前に葬儀社の評判を調査することが有効です。口コミやレビュー、推薦文などを通じて、過去にサービスを利用した人々の実際の体験を確認しましょう。

⑵担当者は信頼できるか

葬儀社の担当者の信頼性は極めて重要です。ご遺族が精神的に不安定になりやすい時期だからこそ、冷静かつ適切に対応する担当者の存在が必要なのです。

具体的には、ご遺族の質問に対して明瞭かつ誠実に回答しているか、また、葬儀費用の節約を相談した際の反応は悪くないかなどをチェックしてみてください。

担当者が質問をはぐらかしたり、費用に関して不誠実な対応をする場合は、その葬儀社への依頼を考え直した方がいいかもしれません。

⑶希望エリアに対応しているか

葬儀をおこなう際は、その葬儀社がご遺族の希望するエリアに対応しているかどうかを確認しましょう。葬儀社の対応エリアは、業者の規模によって大きく異なるためです。

小規模な葬儀社では、特定の地域に限定してサービスを提供することが多く、希望するエリアに対応していない可能性があります。

一方で、全国展開している大手の葬儀社であれば、様々な地域で葬儀サービスを提供しており、エリアの選択肢は多い傾向にあります。

なお、斎場を選定する際は、

  • 自宅や病院からのアクセスの良さ
  • 最寄駅からの距離
  • 駐車場の有無
  • 火葬場の併設有無など

主にこれらの条件をチェックするといいでしょう。

⑷故人の宗教や宗派に対応しているか

葬儀を計画する際、故人が生前に信仰していた宗教や宗派の儀式に沿っておこなうことは、故人への最後の敬意を表す上で非常に重要です。そのため、選ぶ葬儀社が故人の宗教や宗派の慣習に対応できるかを事前にしっかり確認しましょう。

家族間で宗教観が異なる場合もあるので、最終的には喪主の判断で葬儀の形式を決めることになりますが、故人の信仰心を尊重する選択が望ましいです。なお、信仰を持たない故人の場合、無宗教葬(自由葬)のプランを選ぶことも可能です。

⑸葬儀後のケアはあるか

葬儀が終わった後も、返礼品の選定や配送、お墓の選定や維持管理、遺産相続、各種の公的機関への手続きなど、ご遺族にはさまざまな作業が残っています。

精神的に落ち込んでいる状況でそれらの作業をこなすことは、大きな負担となることが少なくありません。そのため、葬儀社を選ぶ際は「葬儀後のサポート」の有無も確認しましょう。

質の高い葬儀社であれば、葬儀後のフォローをしてくれる場合が多く、ご遺族が直面するであろう問題に対して的確なアドバイスやサポートをおこなってくれます。

具体的には、相続に関する法的アドバイスやお墓の選定に関する相談、心のケアなどです。葬儀社によってサポート内容は異なるため、事前に詳細を確認し、ご遺族のニーズに合致した葬儀社を選択しましょう。

⑹複数社から見積もりを取る

葬儀の計画段階では、複数の葬儀社から見積もりを取ることが重要です。これにより、サービス内容と費用を比較し、ご遺族にとって最適な葬儀社を選べます。価格だけでなく、提供されるサポートの内容や利用者の評判もチェックすることが重要です。

葬儀費用を抑えるなら必ず資料請求を 

葬儀の費用を節約するためには、葬儀社からの資料請求が欠かせません。なぜなら、多くの葬儀社が資料請求をすることで、特典として割引を提供しているからです。

割引の機会を逃すと数万円単位の損をする可能性があるので、関心がある葬儀社があれば、早めに資料請求をしましょう。なお、資料請求は以下のような公式サイトから簡単にお問い合わせが可能です。

おすすめの葬儀社についてのまとめ

葬儀社を選ぶ際は、故人の意向を尊重し、信頼できるサポートが得られるかを重視する必要があります。宗教や宗派、希望エリアへの対応、葬儀後のフォローアップなど、細かい条件を確認するのがおすすめです。また、資料請求による割引を活用し、コストも抑えることも忘れないようにしましょう。

♦︎本ページには広告[PR]が含まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

旅とグルメを愛するアラサー女子。2021年から相続関連のWEBメディアを運営し、シニア層の深刻な悩みを目の当たりに。より多くの課題解決をしたいと思い、セカンドライフ支援協会を発足。シニア向けのWEBメディア「えんがわ」を運営中。

目次