北海道のお布施の相場はいくら?その他葬儀関連の費用相場も紹介

北海道でのお布施の相場はどれくらいなの?

この記事ではこのような疑問に回答する他、その他の葬儀関連の費用相場について解説します。また、北海道の葬儀費用が安い理由についても解説するので、葬儀を控える方は参考にしてください。

  • できるだけ葬儀費用を抑えたい
  • 請求額や内訳に関して透明性が高い葬儀社がいい
  • 返金保証があれば嬉しい
目次

北海道のお布施の相場

北海道の葬儀において、寺院や神社、教会などの宗教者に支払うお布施の費用は、平均で約15万円から25万円程度と言われています。これは葬儀やお通夜、法要などで読経してもらうお礼に渡すお金です。

ただし、お布施の金額は寺院の格式や宗教者の立場によって変動することがあるため、事前に相場を確認しておくことが大切です。

「戒名料とお布施は何が違うの?」と思う人もいるかもしれませんが、戒名料はお布施に含まれているものという認識で問題ありません。

北海道で葬儀をするなら知っておきたいお布施以外の費用相場

北海道で葬儀をするなら、お布施の相場以外にも知っておきたいことがあります。そこでここでは、

  • 北海道における葬儀全体の費用相場
  • 葬儀種別による費用の違い
  • お墓や仏壇の費用相場
  • 相続手続きの依頼料の相場

を紹介します。

北海道の葬儀全体​​の費用相場

北海道での葬儀費用は50万円から100万円が相場と言われています。葬儀費用の全国平均が110万円を超えると言われていますので、それと比較するとやや安いと言えるでしょう。

葬儀の種類や規模、祭壇の豪華さなどによって費用は大きく変動しますが、上記の相場を把握しておくと、葬儀社からの見積もりを取る際の参考になるでしょう。

葬儀費用は葬儀種別によって異なる

北海道では葬儀の形式によって費用が大きく異なります。北海道では特に家族葬を選ぶ傾向が強く、一般葬や直葬・火葬式、一日葬を選ぶ人は少数派です。種別ごとの葬儀費用の相場は以下となります。

葬儀の種別費用相場内容
一般葬50万円〜110万円通夜、葬儀、告別式がある参列者は知人や職場の人など幅広い
家族葬50万円前後通夜、葬儀、告別式がある参列者は家族や近親者のみ
直葬・火葬式20万円前後火葬のみで宗教的な儀式がない
一日葬30万円前後告別式のみで通夜がない

ただし、上記の葬儀費用は参列者の人数や規模、オプションの有無によって異なる場合があります。

なお、北海道独自の葬儀風習として、いくつかの地域では先に火葬をおこない、その後に通夜、翌日に葬儀と告別式をおこなうことがあります。この風習は、かつて青函連絡船が台風で事故を起こし多数の死者が出た際、火葬を急ぐ必要があったことから生まれたとされています。

また北海道の葬儀では、受付で香典の中身を開封して確認し、その場で領収書に名前を記入する習慣があります。さらに、会葬御礼として図書カードや商品券を渡すケースもあるようです。北海道の葬儀に馴染みのない方はぜひ覚えておきましょう。

北海道のお墓の費用相場

北海道におけるお墓の費用相場は50万円から300万円となっており、他の地域と比較するとやや高額な設定です。この理由として、北海道特有の多雪な環境が挙げられます。

冬場でも参拝可能な屋内型の納骨スペースの設計が必要となるため、それに伴う追加の費用が発生する傾向にあります。費用を抑えたい場合は、比較的低価格なお墓を選ぶことも可能です。

北海道の仏壇の費用相場

北海道で新しい仏壇を購入する際の平均的な費用は60万円前後と言われており、こちらも他の地域と比べると高めの価格設定です。

北海道で相続手続きを依頼する費用相場 

北海道で相続手続きを行政書士や弁護士に依頼した場合、20万円前後の費用が発生すると言われており、他の地域と比べるとやや安いです。ただし、具体的な費用は依頼する内容や手続きの複雑さによって異なるため、事前に複数の専門家から見積もりを取ることが重要です。

御車代や御膳料の費用相場

北海道ではお布施を渡す際のマナーとして、御布施(読経料と戒名料)、御車代、御膳料(食事代)をそれぞれ別の袋に分けて準備するのが一般的となります。

御車代と御膳料については、それぞれ一回あたり5,000円から1万円、一食あたり5,000円から1万円が相場とされており、二日間の葬儀では合計で1万円から2万円程度が目安です。

北海道の葬儀費用はなぜ安いのか

北海道での葬儀費用が全国平均に比べて安価な理由は、地域独自の葬儀の習慣にあります。特に以下の二点が大きく影響しています。

飲食代を抑えやすい

北海道では、通夜振る舞いの際に家族や親戚など近親者のみで食事をおこなうことが一般的です。これにより、本州など他地域で見られるような、広範囲の参列者への食事提供がなく、結果的に飲食費用を大幅に節約できます。

香典返しの負担が少ない

北海道では、葬儀当日に一律1,000円から1,500円程度の品物をお香典返しとして渡す「当日返し」が一般的です。これは、全国的なお香典の金額と比較すると、3分の1から2分の1相当の返礼品となるため、大幅なコスト削減につながります。

葬儀社選びは早めがおすすめ

故人の死亡直前や1年以上前に葬儀社を決定しているケースもあります。しかし、故人の死後に、慌てて葬儀社を決めるケースの方が圧倒的に多いと言えるでしょう。

なぜなら、身内が万が一の状況に陥った際、多くの人は看病やお見舞いに集中し、葬儀の準備をすることは心理的にも難しいからです。また、事前に葬儀の準備を進めるのは縁起が悪いと考える風潮もあります。

しかし、葬儀の準備を事前におこなっておくことで、故人が亡くなった際に迅速かつ冷静に対応することが可能となり、遺族にとっても心の準備ができます。そのため、元気なうちに自身や家族のために、早めに葬儀社選びをしておきましょう。

北海道のお布施の相場についてのまとめ

北海道では、お布施の相場が15万円から25万円と言われており、これは他の地域と比べ雨とやや安い金額と言えます。お布施の金額が多過ぎて損をしたり、逆に少な過ぎて無礼をはたらいたりしないよう、当記事の内容を参考にしていただければ幸いです。

♦︎本ページには広告[PR]が含まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子煩悩な男性ライター。2022年に親友との突然の別れを経験し、人生の終わりを強く意識。本人はもとより、家族や友人のためにも終活は大切であると感じ、はなと共にWEBメディア「えんがわ」を設立。

目次