さがみ典礼の評判は良い?利用上の注意点も解説

こちらの記事では、さがみ典礼のサービスに対する評判や口コミを調査し、その一部を紹介します。また、さがみ典礼の特徴や利用上の注意点も解説していきますので、利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

  • できるだけ葬儀費用を抑えたい
  • 請求額の内訳を細かく説明してくれる葬儀社がいい
  • 返金保証があれば嬉しい
目次

さがみ典礼の評判 

さがみ典礼はGoogleサービス内でのコメントが公開されていません。そのため、こちらでは大手口コミサイト「安心葬儀」「みん評」での口コミや評判を紹介します。

大手口コミサイトでのさがみ典礼の評判

以下は、2024年4月の時点での平均評価と口コミ件数です。

平均評価(星1〜5より選択)口コミ件数
安心葬儀4.4100
みん評3.285

さがみ典礼利用者の良い評判

さがみ典礼利用者による良い評判を3つ紹介します。

茨城県・20代女性 (2018年
総合評価:4.7
急に父親が亡くなってしまい、何をしたらいいのか分からない状態だったときに、親身になって話を聞いてくれました。亡くなってからお葬式が終わるまで、何もトラブルなくスムーズに終わることが出来ました。父親らしいお葬式を執り行うことができ、また、たくさんの方がお見送りして下さり、満足のいくお葬式になりました。

引用:安心葬儀

岩手県・30代男性 (2018年)
総合評価:4.3
分からない点が多々あったのですが、一つ一つ親身になって教えて頂いて、喪主に自分がなったとしても、的確にかつわかりやすい説明をしていただけると感じました。また、周りの方への配慮(家族以外の方々)も不快に思わないよう周りの環境に常に気を遣って頂きました。

引用:安心葬儀

栃木県・40代女性 (2013年)
総合評価:4.7
さがみ典礼は、実家の辺りの葬儀社の中では料金が高いという噂もあるのだが、その料金に見合ってなのか、非常に故人や遺族の気持ちに寄り添う姿勢がみられた。様々な儀式に対してどういった意味で執り行うのかを丁寧に説明してくれたり、喪主として、参列者にどう振る舞えばよいのかレクチャーしてくれたり、細かい配慮が嬉しかった。手続きも通夜や葬儀の進行もスムーズで、ぬかりがなく、安心しておまかせできた。

引用:安心葬儀

さがみ典礼利用者の悪い評判

さがみ典礼利用者による悪い評判を3つ紹介します。

Mさん
総合評価
2.0
互助会に入っていた母が亡くなりこちらに依頼。多少、疑問に思うスタッフの方も居ましたが、多くのスタッフの方は一生懸命やって下さったと思います。親戚との付き合いもなく、家族3人だけの式だったので、通夜や会食などもやらず1日だったのですが、かかった費用は150万円越え。
他にも火葬代、布施代などもろもろの費用があるので、母が遺してくれたお金はアッという間になくなりそうです。お金に不安がある方は見積りの最初に「いくらまでしか出せない。」と伝えた方が良いかも。金額がわからないまま、色々、選ばされ、最後に「〇〇〇円です。」と言われる方式です。

引用:みん評

Tさん
総合評価:3.0
小さなお葬式でお願いし、さがみ典礼さんの葬儀場を選びました。選んだ後はさがみ典礼さんが全て行なってくれました。式自体は良かったと思います。若い社員の方が担当でしたが式で喪主の名前を間違え参列者は失笑、でもさがみ典礼の方は誰も気づきませんでした(以下省略)。

引用:みん評

Cさん
総合評価:2.0
昨年父を急に亡くし、葬儀会社を決める様に警察から言われて自宅近くのさがみ典礼にお願いすることになりました。依頼する際、35万円からと言う事は念を押して確認しました。どの様な時幾ら増えるのか?など聞きましたがはっきりした事は一言も言わず、オプションをつけなければ増えない様な曖昧な言い回しでした。
私も父を亡くしたショックと早く葬儀会社を探さなければ…と焦っていたせいでしょうか、納得していなかったのにお願いしてしまいました。

引用:みん評

さがみ典礼の総合的な評判は悪くない

さがみ典礼に関する良い評判は、スタッフの丁寧な対応に対する内容が多い傾向にあります。

さがみ典礼では、1級葬祭ディレクターをはじめとする高度な知識と経験を持つスタッフが、24時間365日、どのような状況にも迅速に対応してくれます。さらに、互助会への加入により、多くの方が費用を大幅に節約できたと報告しており、これがさがみ典礼の大きなメリットの一つとなっているのです。

一方で、費用面での懸念も指摘されており、高額なプランが提案されることに不安を感じる声もあります。しかし、互助会への加入有無による価格の違いを踏まえ、事前の見積もり取得が重要です。

さがみ典礼の4つの特徴

さがみ典礼のサービスには大きく4つの特徴があるので紹介します。

多様なプランが揃っている

さがみ典礼は、顧客の多様なニーズに応える幅広い葬儀プランを提供しています。これには一般葬や家族葬、社葬・合同葬、火葬式、そして公営斎場での葬儀が含まれています。特に公営斎場での葬儀対応は、コストを抑えたいと考えているご遺族にとって心強い選択肢です。

業界最大の自社斎場数を誇る

さがみ典礼は、多くの地域で業界最大の自社斎場数を持つ葬儀社です。2024年4月時点での斎場数は、埼玉県に109施設、福島県に59施設、栃木県に49施設、茨城県に51施設となっています。このように、業界最大の自社斎場数を有しているからこそ、ご遺族は多数の斎場から適切な会場を選ぶことが可能です。

有資格者が多く在籍

さがみ典礼は「1級葬祭ディレクター」という資格を持つスタッフが多数在籍していることで知られています。この資格は葬儀の専門家としての高い知識と実務経験が求められ、取得には5年以上の実務経験と年に1回の厳しい試験に合格する必要があります。

埼玉県、福島県、栃木県、茨城県、岩手県、山形県、長野県など、複数の県で1級葬祭ディレクターの在籍数が最多であることは、さがみ典礼が葬儀サービスの質において極めて高いレベルを保っている証と言えるでしょう。

参考:スタッフ紹介(さがみ典礼)

互助会の恩恵が大きい

さがみ典礼は、互助会制度の利用を通じて、会員に対して葬儀費用の軽減を実現しています。全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)に加盟していることから、会員は毎月の積立金を通じて、将来の葬儀や結婚式などの大きなライフイベントの費用を効率的に準備することが可能です。

特に、互助会の会員になることで、さがみ典礼の「自社斎場の使用料」や「葬儀の基本費用」を40%割引で利用できるなど、経済的なメリットが大きいのが特徴です。

さがみ典礼を利用するメリットとデメリット

こちらでは、さがみ典礼を利用するメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

さがみ典礼を利用するメリット

  • 優秀なスタッフが多数在籍

さがみ典礼の最大のメリットは、レベルの高いスタッフが多数在籍していることです。特に1級葬祭ディレクターの資格を持つスタッフは他社に比べて多く、複数の県で最多の在籍数を誇ります。これにより、高度な知識と経験を持つスタッフから質の高いサポートを受けられます。

  • 貸し切り斎場(自社斎場)が豊富

さがみ典礼は、東日本を中心に428ヶ所以上の自社斎場を有しており、1組限定のホールが多数あります。これにより、他の葬儀と混ざることなく、ゆっくりと故人を送り出すことが可能です。

さがみ典礼を利用するデメリット

  • 互助会の割引制限

さがみ典礼の互助会への加入は、葬儀費用の割引を受けられる点においてメリットがあります。しかし、費用が全額無料になるわけではありません。

具体的には、葬儀の基本費用と式場利用料は40%割引されますが、控室の使用料、火葬料金、お通夜や告別式の料理、返礼品、宗教者への謝礼などは割引の対象外です。互助会への加入が葬儀費用を全額カバーするわけではないという点は、しっかり覚えておきましょう。

  • 地域によるサービスの限定

さがみ典礼は全国的なサービスを提供しているわけではなく、特に人口が多い東京や神奈川県、さらに西日本の一部地域ではサービスを提供していません。そのため、これらの地域にお住まいの方や、そこで葬儀を考えている方は、さがみ典礼のサービスを利用できない場合があります。

さがみ典礼の利用がおすすめな人

さがみ典礼は、特に互助会に加入している方や加入予定の方におすすめです。互助会に加入することで、自社斎場の使用料や葬儀の基本費用が約40%割引されるため、コストを抑えたい方には大きなメリットがあります。

また、即日から割引が適用されるため、急な葬儀にも対応可能です。ただし、互助会には積立が必要であり、解約時に手数料が発生することを理解しておく必要があります。

一方で、互助会に加入していない方や、費用を極力抑えたい方には、さがみ典礼のサービスは割高に感じられるかもしれません。互助会のメリットを享受できない場合、他の葬儀社との比較を検討することをおすすめします。

さがみ典礼を利用する上での注意点

最後に、さがみ典礼を利用する上での注意点を3つ紹介します。

互助会に入っておく必要がある

互助会とは、将来の結婚式や葬儀などの大きなイベントに備え、あらかじめ金額を積み立てておくシステムです。この積立により、必要な時にサービスを会員価格で利用可能になります。

さがみ典礼の互助会特典は葬儀だけではない

さがみ典礼の互助会に加入すると、葬儀基本費用が40%オフなど、葬儀だけでなくレジャーやショッピング施設でも会員割引を受けられます。また、引越し等でさがみ典礼が対応外のエリアに移る場合でも、全国200社以上の提携互助会への移籍が可能です。

解約時の手数料

解約には手数料が発生し、これがトラブルの原因となることもあります。解約手数料は、積立総額の約15〜20%が目安で、例えば50万円積立てた場合、解約手数料として最大10万円がかかり、戻ってくる金額は40万円となります。

解約の可能性を考えている場合は、手数料の高額さを踏まえ、互助会への加入を慎重に検討することをおすすめします。

さがみ典礼の評判についてのまとめ

さがみ典礼の評判としては、スタッフのレベルの高さや豊富な自社斎場、そして互助会制度の利用による費用負担の軽減というメリットから、多くの利用者に良い評価を受けています。

特に互助会に加入している方には大きな割引が適用され、質の高い葬儀をリーズナブルにおこなえる点が魅力です。しかし、お住まいの地域や互助会の加入状況によっては、他の葬儀社との比較検討が必要な場合もあります。さがみ典礼を利用する際は、これらの点を踏まえた上で検討しましょう。

♦︎本ページには広告[PR]が含まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子煩悩な男性ライター。2022年に親友との突然の別れを経験し、人生の終わりを強く意識。本人はもとより、家族や友人のためにも終活は大切であると感じ、はなと共にWEBメディア「えんがわ」を設立。

目次